せいろ

【Tikiナビの風景】
Tikiナビスタッフは情報収集のため岡山県内各地にお伺いしており、さまざまな場面や風景に出くわすことがあります。

さて本日は、真庭市下呰部にある「蕎麦切り ほそ川」さんをご紹介します。
お店は、真庭市役所北房支局のほど近く、「北房ぶり市」が開催されることでも有名な呰部商店街にあります。また、すぐ近くには季節になるとホタルが乱舞することで有名な備中川もありますね。
看板に書かれた「そば処」ではなく「蕎麦切り」という言葉にまずやられます。
ちなみに「蕎麦切り」とは、そば粉を練った塊りであるそばがきなどに対し、一般的な麺の形状のものを意味します。今日では「そば」といえば麺形状のものが当たり前となっていますが、麺の「そば」が食べられるようになったのは江戸時代に入ってからのことで、それまでは「そば」といえば「そばがき」のような形状のものを意味してそうです。
お店の外観は、黒い日本瓦が美しい昔ながらの風情と凛とした雰囲気を併せ持っています。店内は木目のウンターやテーブルなどがあって落ち着いた雰囲気の中に、ちょっとした小物などがセンス良く飾られていて素敵です。
さっそく、「せいろ(756円)」を注文です。まずは、蕎麦茶と揚げ蕎麦が運ばれてくるので、蕎麦が茹で上がるまでしばらくこちらを楽しみます。
そば粉を石臼でひいてつくられたというお蕎麦は、見た目も美しく、喉越しのよいお蕎麦です。蕎麦の香りを強く感じますねぇ。
お楽しみの蕎麦湯はとっても濃厚で飲みごたえがあります。
是非、お試し下さい!

期間 -
場所 蕎麦切り ほそ川
フリガナ ソバキリホソガワ
住所 岡山県真庭市下呰部270-2
※大きな地図で見る
交通

このお店からのお知らせ