大判焼き

【Tikiナビの風景】
Tikiナビスタッフは情報収集のため岡山県内各地にお伺いしており、さまざまな場面や風景に出くわすことがあります。

さて本日は、岡山市北区奉還町にある「お竹まんじゅう」さんをご紹介します。
お店は、JR岡山駅西口から西口筋を清心町交差点方面に進み、オルガホールの道路を挟んで向かいあたりにあります。
こちらは、創業昭和21年という老舗で、創業当時に竹を使ったお店で営業されていたことからこの名前が付いたのだとか。一時期お店を閉めていましたが、創業者のお孫さんだという今の三代目店主が2015年からお店を再開させています。
大判焼き(お竹まんじゅうと呼ぶ人もいるが、メニューに大判焼きと書いてます。)が人気のお店で、冬になると何故だか無性に食べたくなります。
「大判焼き」という名称ですが、全国的には「今川焼き」「御座候」「回転焼き」「二重焼き」なんて呼ばれるようですが、倉敷では「ふーまん」「夫婦饅頭」「えびす饅頭」あたりが一般的ですかね。
さっそく「大判焼き(あずき)125円」を注文です。たい焼きでもそうですが、「あんこがいっぱい詰まっていて美味しかった」というのが定番の誉め言葉なのですが、こちらの大判焼きはどちらかというとあんこが少なめで、ちょっと厚めのモチモチとした皮の食感を楽しむのが通なのだとか。
是非、お試しください!

期間 -
場所 お竹まんじゅう
フリガナ オタケマンジュウ
住所 岡山県岡山市北区奉還町2-19-17
※大きな地図で見る
交通

このお店からのお知らせ